◆2019/02/23-24 南伊豆ジオパークツアーⅠ

【日にち】20189/2/23-24

【山行タイトル】 南伊豆ジオパークツアーⅠ

参加者人数】 8名

【行程記録】

2/23(土)am10:30伊豆急下田駅集合 am11:00田牛行きバス乗車 龍宮窟で下車。ここからジオパークの始まり。長い年月をかけて創られた自然の美~ハート型の龍宮窟にサンドスキーを視た後、山路に入り海岸線をたどりタライ岬へ。ここからは大海原の向こうに伊豆七島が一望出来る。そして弓ヶ浜まで歩き、まったりとランチ。ここからバスに乗り石廊崎口へ。石廊崎灯台から先端にある神社を通り突端に出る。風が強い、大きなうねりが岩を削るド迫力のロケーション。そして長い県道をしりとりゲームをやりながら歩き長津呂歩道に入り中木の民宿に到着。猫ちゃん達のお出迎えに癒される。お風呂で汗を流した後はビールで乾杯!次々と運ばれる海の幸を食べながら楽しい語らいは弾む。そして爆睡。

2/24(日)朝食を取り昼の弁当(おにぎり)を作ってもらいam8:30出発。中木の海歩道を歩きながら目の前に拡がる節理状の奇岩に地球の壮大な営みを感じる。海は透き通り温かく綺麗だ。そしていよいよ神社の脇を通り急登に入り(南伊豆歩道Ⅰ)たちまち汗が噴き出る。山路の途中、地蔵をある祠を通り過ぎて尾根に出れば目の前は海、そして下りまた登り尾根に出れば絶景。この繰り返し。途中、足が吊ってしまったメンバーをフォローしながら昼前に入間の海岸に到着。ここで4名のメンバーがリタイア。残る4名は南伊豆歩道Ⅱに突入。海抜0mから標高150mをピークとした小山をいくつも上がり下り。途中、千畳敷で太陽の光を燦々と浴びながらランチ。千畳敷もジオパークの代表作!海岸線の山路の中でも最もハードなコースだが、その分、味わえる絶景の連続こそ海と山のコラボの特質と言えよう。吉田の浜に到着し、運よく他のツアーチームのチャーターバスに便乗させてもらい吉田口のバス停へ。下田行のバスの中でうたたね。下田駅前の居酒屋でお疲れさん会をして伊豆急行線に乗り解散。

千畳敷

千畳敷へ向かう

中木民宿の夕飯イセエビ料理

河津桜も満開

タライ岬下の海岸

弓ヶ浜の水仙

タライ岬下の海岸

南伊豆歩道Ⅱ

◆20190302_広沢寺ゲレンデ(クライミングレッスン)

【山行タイトル】広沢寺ゲレンデ(クライミングレッスン)
【日時】2019年3月2日(土)
【参加者】合計8名

【記録】
伊勢原駅〜バス8:20発 〜広沢寺温泉入口9:00着〜広沢寺弁天岩10:30着
前日は雨、今日は晴れてまずまずの天気。慣れないハーネス(安全ベルトのこと)を身に着けるのに四苦八苦しながら、まずはハーネスに結ぶ為のエイトノット(八の字結びのこと)の練習をします。
怪我の無いよういくつかの注意事項を確認し合い、リーダーチェックでOKをもらい、さあ、20mの岩壁に挑戦です。
岩登りの大事な要点は「3点確保」と岩に慣れる事、今回は安全性を優先し、トップロープで1人ずつ取り組みました。最初は下から「右に行け」とか「左に行くと足の掛かるホールド(岩の手がかり 、足がかりのこと)が有るよ」と声援を受けても四苦八苦、それでも皆2回ずつ繰り返し練習をし、立派に登り切りました。昼食後はATC(登はん者の確保や懸垂下降に必要な器具のこと)を使って懸垂下降と岩登りのふた手に分かれ、練習を繰り返し、15:00過ぎ、岩登り講習会無事終了となりました。
次回の目標は笛吹川分水嶺東釜ノ沢の沢登り(8月山行)にチャレンジすることです。


【写真】ギャラリ8枚をご覧ください。

◆20190216_入笠山・雪山体験

【山行タイトル】入笠山 雪山体験
【日時】2019年2月16日(土)
【参加者】(合計3名)
【記録】
入笠山登頂し、その後雪山でのアイゼン、ピッケルおよびツエルトの使い方の基本的な訓練を実施しました。
高速バスでバスタ新宿(7:25発)から富士見(10:18着)まで移動。タクシーに乗り換えてパノラマスキー場へ(10:30着)。更にゴンドラに乗り換えてゴンドラ頂上駅に到着。風もほとんどなく晴れた中、マナスル山荘前に到着(11:50)。昼食休憩後(12:20出発)、入笠山登頂(12:55)。頂上は、曇り空であったが、富士山、南アルプス、中央アルプスなどを望むことができた。ただ風が強く、記念撮影早々に下山(13:10)。
マナスル山荘近くまで下り、雪山体験を実施(13:40開始)。アイゼン、ピッケルを使って、急斜面のトラバースの訓練。ピッケルを使った滑落時の停止訓練、アイゼン、ピッケルを使った急斜面を登る訓練。 最後にツエルトを設営しビバーク時にツエルトがいかに有効かを実体験した。
16:26発の高速バスに乗車して新宿到着(19:05)。その後、反省会を実施してから解散。


【写真】 ギャラリ7枚をご覧ください。

◆20190202_冬の丹沢山

【山行タイトル】冬の丹沢山
【参加者】合計5名
【行程記録】
1日目:2/2(土) 渋沢駅7:30–7:50大倉7:56…9:07二俣…11:32二俣分岐(昼食30分)…12:52塔ノ岳13:12…14:48丹沢山(泊) 
2日目:2/3(日) 丹沢山7:50…9:30塔ノ岳9:48…9:50二俣分岐10:00…10:30鍋割山(昼食45分)11:15…12:10後沢乗越…13:00二俣13:10…14:20大倉14:32–14:45渋沢駅14:50 解散


前々日(木)に関東の山間部にも雪が降ったが週末には一転12℃を超える好天に恵まれた。みやま山荘に金曜に電話確認すると積雪10㎝ほど。冬山らしいお膳立てが整い、いざ出発。大倉から約1時間の林道を歩いて小丸尾根に取り付く。中腹ほどからは雪を踏みしめて登るが、特にアイゼンが必要となることはなかった。約2時間半で尾根筋の二俣分岐に到着。素晴らしい景観だ。西に富士山、南に秦野や小田原の街と相模湾が見える。約30分ほどの昼食時間のあと50分ほどで塔ノ岳。初めての5人全員集合の写真撮影。塔ノ岳から丹沢山に向かって北斜面をアップダウン。多少積雪が多いように感じるので念のためアイゼンを装着。15時少し前に丹沢山山頂に到着。雲1つない富士山の絶景をバックにまた全員集合写真。みやま山荘はこの時期にしては意外と混んでいる。布団2枚に3人が寝るくらいに詰めさせられた。夕食1時間ほど前からお疲れさん会の酒盛りが始まった。ギュウギュウ詰めのテーブル席もなんのその。呑み会は夕食を挟んで更に19時半まで続いた。夕食の後に夕日や夜景を楽しむ。茜色の西の空にクッキリと富士山がシルエットを映し刻々と深い色に変わっていく景色はそうそう見られるものではない。

翌朝は少し雲がかかっているがおおむね晴れ。ゆっくりとした足取りで10時半に鍋割山に到着。鍋焼うどんを早目の昼食として頂き、大倉バス停に14時半に到着。渋沢駅前の呑み屋さんで反省会を持ち、17時には家路につきました。お疲れさんでした。


【写真】 ギャラリ6枚をご覧ください。

◆2019/01/26 雲取山

【 山行タイトル】雲取山
【参加者】合計3名

【行程記録】
1日目:1月26日 ホリデー快速奥多摩駅08:21分着 〜🚌09:30丹波バス停〜12:00サオラ峠(昼食)〜15:00三条湯着 (宿泊)
2日目:1月27日 07:15 三条湯発〜10:20三条ダルミ〜11:00雲取山山頂昼食〜12:50小雲取小屋〜15:55鴨沢バス停着〜16:50🚌奥多摩駅ホリデー快速〜17:56立川着 解散
東京で 、一番高2017m雲取山で冬の雪山体験の山行計画でしたが雪が降って無くー9℃の寒さの体験だけでした。2日間晴天に恵まれ雲取山頂では富士山〜丹沢山塊〜南アルプスまで堪能できました。

【写真】 ギャラリ4枚をご覧ください。