◆2018/3/24-25 西伊豆歩道ツアー(堂ヶ島・燈明ケ崎・今山コース)

【日にち】 2018  3/24-25

【山行タイトル】 西伊豆歩道(堂ヶ島・燈明ケ崎・今山コース)

【参加人数】14名

黄金崎 馬ロック

西伊豆歩道 堂ヶ島コース

 

西伊豆歩道 トンボロ

天窓洞

天窓洞

今山コース

今山コース

メガネ岩=ゴジラ岩に納まる夕陽

メガネ岩=ゴジラ岩に納まる夕陽

メガネ岩 夕陽

メガネ岩 夕陽

【行程記録】

3/24(土)  am10:30 修善寺駅集合。松崎行きバスに乗車し約90分、堂ヶ島到着。

洞窟巡りの遊覧船に乗り天窓洞に入るとそこは青の洞窟。光のシャワーが洞窟に降り注ぐ光景。ランチ後に堂ヶ島・燈明ケ崎コースをトレッキング。

晴天、ぽかぽか陽気の中、絶景が拡がる燈明ケ崎コース、、、干潮で、海岸から三四郎岩まで歩いて渡れるトンボロも姿を現す。途中、幾つか東屋があり休憩タイム。東屋からの展望はこのコースのお宝。

約2時間、田子の漁村に到着。海岸には沢山の高級一眼を装備した三脚が林立している。今日は1年を通じて西伊豆の夕陽が最も綺麗な瞬間を迎える特別な日である。

田子の湾の中程にゴジラの形をした奇岩がそびえているがそのゴジラの口の中に、沈む間際の真っ赤な夕陽がスッポリと納まるのだ。

この荘厳な儀式は大成功に終わりました!

夕飯は海の幸満開、地酒も美味しく皆さん大満足。

3/25(日)  贅沢な朝食後、今山コースをトレッキング。西伊豆歩道全10コース中、一番の絶景コース。

途中、きつい登りもあり汗だくになりつつも海風を受けて何とも気持ちがいい。

田子から安良里の山路約7.1km。安良里に近づく程に雲一つ掛かってない富士山に遭遇。

安良里からバスに乗りクリスタルパーク下車。そこからは黄金崎自然公園。

桜八分咲き、黄金色の馬ロックと真っ青な海、遠くは富士山、、、自然のお宝が全て揃ったポイントです。

ランチは小鯵鮨の名店「八起」で乾杯解散。

男性陣は近くのクリスタルヴューホテルで温泉に浸かり汗を流し疲労回復しました。

 

 

◆2018/04/08 杓子山ツアー

【日にち】2018 4/8

【山行タイトル】 杓子山ツアー

【参加人数】 4名

【行程記録】 朝から快晴!

JR富士急行線で大月から富士山(旧富士吉田)へと向かう車窓からは白雪に覆われた見事な富士山が真正面に迫る。
早くも気分は高揚。
タウンスニーカー(市内循環バス)に乗り、不動湯入口で下車。

そこから山行スタート、桜が満開。不動湯から山道に入り大権首峠へ、そこから杓子山山頂へアタック。きつい登りも終わり山頂に到達。

標高1597m      360°の大パノラマ眺望。 山頂には杓子山の鐘がある。

真正面には雄大な富士山。こんなに近くに観る富士山は初めて。山頂から延びるアイスバーンがキラキラ光っている。

ここでランチ。

下山は高座山から忍野村に降りるルート。これがまた視界を遮るものが何一つ無い為、200%富士山を堪能。

急斜面に樹木はなく乾いた土の上を、ロープを伝い転げ落ちないように慎重に下る。

鳥居地峠から車道に入り忍野役場前でバスに間に合い富士山駅へ。

JR富士山駅でお疲れさん会をして、また長い電車の帰路につきました。

杓子山山頂

杓子山山頂からみる富士山

杓子山から大権首座

高座山

高座山

杓子山山頂

桜と富士山

桜満開

 

◆2018/04/07_檜洞丸・犬越路

【日にち】2017/04/07
【山行タイトル】檜洞丸・犬越路
【参加者】合計4名
【行程記録】

新松田駅7:20――8:31西丹沢ビジターセンター8:40・・・9:15ゴーラ沢出合・・・10:10展望園地・・・11:30檜洞丸12:10・・・14:00犬越路・・・15:10用木沢出合・・・15:45西丹沢ビジターセンター16:25――17:30新松田駅
【感想】

天気予報ではずっと傘マークだったが、前日より好転。おかげで晴・曇りの山行となった。山桜と若葉の山々をバスに揺られながら楽しむ。西丹沢ビジターセンタ(今年3月まで旧名・西丹沢自然教室)を8時40分出発し、ツツジ新道の1000mの標高差を4人とも快調に登りきり、コース時間を1時間短縮。ゴーラ沢出合前には斜面一面のミツマタ群生が見事な花を咲かせていた。檜洞丸山頂でゆっくりと昼食をとることができた。下山は犬越路を経由してビジターセンターまでのコース。犬越路まではヤセ尾根ということもあり登山者が非常に少ない。そして何よりもずっと富士山を左手に見ながら歩く事ができる。正にスリルと眺望を楽しめる丹沢ベストコースだ。ただこの日は風が時々強く吹く中、バランスを崩さないよう慎重に行くことで予定通りコースを進んだ。ビジターセンターからのバスは予定の17時台の1本前の16時台で帰路についた。ただ登戸で反省会が盛り上がり結局帰宅したのは遅くなってしまいました。

【写真】

◆2018/04/01_HOME右サイドに「1年間の山行写真集」を新設

2018年の新年度4月からHOME右サイドに「1年間の山行写真集」を新設しました

それに伴い「■国内登山の魅力」と「■海外登山の魅力」の写真アルバムは廃止します。

会員、非会員共にご覧いただけます。

直近1年間の3か月ごとの「山行記録ブログ」に掲載された写真から編集部がピックアップして非会員の方にも

見ていただけるようにします。

基本的には、1山行あたり1~5枚を選んでミニアルバムにします。

また、本写真集に掲載されない写真は山行記録にありますのでご了承ください。 担当:野上、三次