世界遺産・小笠原諸島

■行程表

実施期日 2019年04月15日(月)~20日(土)
集合場所 東京港竹芝桟橋
集合時間 午前 9:30
リーダー/サブ Satou/
標高/標高差 350m/350m
歩行時間 約 6.30時間
危険ケ所 無し
ランク M1
行程 15日 東京(竹芝桟橋)11:00=(おがさわら丸)= 16日 11:00父島(二見港)13:00―(島内バスツ
アー)―16:00(泊) 、17日 9:00―(クルージング)―15:00、19:00―(ナイトツアー)―21:00 (泊)、
18日9:00―(山・森林トレッキング)―15:00 (泊)、19日午前中自由行動(村営バスツアー又は
島内散策)―二見港15:00=(おがさわら丸)=20日 15:00東京港
コメント  世界遺産の島の海と山をツアーで楽しみましょう。 ※申込みは締め切りました。
締め切り日
山行記録 4月15日(月)~20日(土) 小笠原諸島父島(世界自然遺産)を訪ねて

リーダー S

参加者    計9名

 

15日(月)11時 おがさわら丸(1,1035屯)にて竹芝出港。15時,元サッカー日本代表監督の岡田氏のトークショーを楽しんだ。18:11大海原に沈みゆく真っ赤な太陽が美しかった。

16日(火)11:40  1,000Kの航海後父島着。13時からバスで島内半日観光へ。堺浦ビーチの

コバルトブルーの海の青さに感激。そこに黒い巨大な物体が、戦時中座礁した旧海軍の浜光丸だ。父島最高峰の中央山(319M)へ登山開始。頂上・小笠原国立公園で大太平洋を眼下にして記念写真。夜明山、初寝浦展望台、ウェザーステーション等からの眺望を楽しみ16時過ぎ民宿へ。長い船旅の疲れをビールでお疲れ様!

17日(水)  1日クルージング(8:30~17:00)

ウェットスーツを着て乗船。南島に上陸。絶滅してしまったカタマイマイが半化石化し、まるで真白な砂丘のようだ。眼前には美しいビーチ、扇池。船に戻りホエールヲチング、イルカヲチング。シュノーケル等を着け泳ぐと沢山のイルカが人懐っこく近かずいて来る。尾ヒレを出したり塩を吹き上げ、空中を大回転する鯨も見ることが出来た。海中公園では餌を求めに来る原色の美しい深海魚を鑑賞した。只、午後は雨になり寒さも増し、船中の暖かいものが欲しいヲッチングとなった。

18日(木) 山(ハートロック)と森林トレッキング(8:00~16:00)

父島南側の湾に聳える断崖絶壁は圧巻だ。ここはガイドの同行が必要で許可なく入れない。固有種の植物・花等や戦跡を見ながら頂上へ。素晴らしい天気の中、スカイブルーの海上に点在する島々の景観は実に美しい。昨日海上から見たハート型をした赤土の頂上から眼下260Mの眺望は絶景である。下りは巨大なガジュマル林を観賞しながら15:30過ぎ登山口に到着。小笠原の自然を堪能したトレッキングでした。

19日(金)  自由散策等(9:00~14:00)

ぶらぶらと港内、農業センター、海洋センター、水産センター等を見学・散策。

15:00、私達を待っていた船で出港。小さな漁船、一昨日乗った船等10船程に島の

若者が乗り私達の船に伴走し港外迄見送ってくれた。「又来いよ!元気でな!」等叫びながら皆船から次々に飛び込みながら歓送してくれた。実に感動的なシーンだった。

20日(土) 一夜を過ごし久里浜(12:30),竹芝(15:20)で下船。

長い小笠原ツアーを満喫し無事に終えることが出来ました。

 

ID山行ランク早見表オープン

■集合写真