高峰温泉と浅間山&池之平湿原

■【確定】山行計画

 

実施日 2020年 10月 31日~11月1日
山行場所
高峰温泉起点に浅間山&池之平湿原
リーダー名 kiso
申し込み期限 10月21日
集合時間 am6:10
集合場所 JR東京駅北陸新幹線北口改札前
標高/標高差 2404m/700m
歩行時間 初日)7時間半 2日目)5時間
危険ケ所の有無 有り
ランク(「ランクゲージ」を参照) M3.5/M1.5
行程

(電車=、車・バス━、徒歩…)

東京am6:28=(北陸新幹線・はくたか551号)=am7:44佐久平8:25―9:20高峰高原ホテル前・・(中コース)・トーミの頭・・・湯之平分岐点・・・賽の河原分岐・・・Jバンド・・・鋸岳

・・・仙人岳・・・蛇骨岳・・・黒斑山・・・トーミの頭・(表コース)・・車坂峠・・・高峰温泉

2日目)高峰温泉―am9:15兎平・・・池の平湿原・・・三方峰・・・見晴岳・・・雲上の丘・・・雷の丘・・・村界の丘・・・池の平駐車場・・・東篭ノ塔山・・・水ノ塔山・・・高峰温泉

pm16:17―佐久平駅

コメント 標高2000mにある「ランプの湯・高峰温泉」を起点として紅葉の浅間山&池之平湿原を歩く登山です。初日の浅間山は火山活動の警戒レベルによりコース取りが変わります。賽の河原から見上げる前掛山は何とも言えない世界です。2日目は。宿のバスに乗り池之平湿原の入り口まで行きます。そこから湿原と丘、七千尺コースを歩き高峰温泉に戻ります。両日共に紅葉絶景の露天風呂で疲れを癒します。食事も期待してください。定員10名、4部屋確保(2階絶景部屋)¥16000/人 1泊2食 お弁当¥800 北陸新幹線(東京~佐久平)は各自手配してください。※新宿直通の高峰温泉行高速バスはコロナ禍により今年は全て中止です。バス:佐久平~高峰温泉¥1470×2=¥2940
【参考】「ランクゲージ」を開く

■【報告】山行記録

 

 

 

参加人数
4名
リーダー/サブリーダー名 kiso
山行行程 初日)佐久平駅―高峰高原ホテル前・・・トーミの頭・・・湯の平分岐・・・賽の河原分岐・・・Jバンド・・・鋸岳・・・仙人岳・・・蛇骨岳・・・黒班山・・・トーミの頭・・・槍の鞘・・・コマクサ展望台・・・車坂山・・・車坂峠・・・高峰温泉

2日目)高峰温泉―池の平湿原・・・三方ケ峰・・・見晴岳・・・雲上の丘・・・村界の丘・・・池の平駐車場・・・東篭ノ塔山・・・水ノ塔山・・・高峰温泉―佐久平駅

山行記録
初日)筆:ogawa

早朝北陸新幹線に乗り快晴の佐久平に到着。
そこからバスで車坂峠下車。
一気に標高2000m超えだが、さほど高度感はない。

山道は霜柱がすごくドロドロ。

登山口からリーダーのペースは早め、あっという間にトーミの頭に登頂。
その先、前掛山が目の前にドーン!
終始絶景に囲まれた山旅だ。

昼食はモクモクと噴煙を上げる浅間山を見ながら、早々に出発。

岩稜帯の急登が続く。
14:00仙人岳、14:54黒斑山登頂。Jバンドを通過し富士山、八ヶ岳、アルプスの稜線が鮮明に見える。15:14トーミの頭に到着。

10/31は「パール浅間」が見える満月の日。ツアー客が、続々とここを目指して登ってくる。

16:44車坂峠通過。17:12標高2000mに立つランプの宿、高峰温泉着。

野天風呂からは絶景。地場食材の夕食には、みなさん食指が動いていた。

2日目) 筆 kiso

ランプの湯で朝風呂
今日も快晴だ!
野沢菜と白いご飯に信州みその味噌汁が美味くて皆さんおかわり。

宿のワゴン車で池之平湿原へ。
冬支度直前の湿原は静まりかえり、その遥か遠方には富士山がくっきり見える。

湿原の小さな池は氷りカラマツは黄色く紅葉。
湿原をぐるりと囲む丘の上を廻ると、富士山から八ヶ岳その奥には北岳、そして北アルプスの主峰がズラッと勢ぞろいしている。
こんな光景は滅多に見れないのではないでしょうか。

池の平湿原に戻り、ここからは急登のガラ場路。
東篭ノ塔山そして水ノ塔山の縦走
山頂からはこれまた360°の大パノラマ、素晴らしい眺望だ。

ランチを食べて14:00過ぎには高峰温泉にたどり着き、心行くまでランプの湯に浸かり山旅の疲労を癒した。

16:17高峰温泉発のバスに乗り佐久平へ。

とにかく最高にお天気に恵まれた2日間でした。

集合写真

OLYMPUS DIGITAL CAMERA