◆20190202_冬の丹沢山

【山行タイトル】冬の丹沢山
【参加者】合計5名
【行程記録】
1日目:2/2(土) 渋沢駅7:30–7:50大倉7:56…9:07二俣…11:32二俣分岐(昼食30分)…12:52塔ノ岳13:12…14:48丹沢山(泊) 
2日目:2/3(日) 丹沢山7:50…9:30塔ノ岳9:48…9:50二俣分岐10:00…10:30鍋割山(昼食45分)11:15…12:10後沢乗越…13:00二俣13:10…14:20大倉14:32–14:45渋沢駅14:50 解散


前々日(木)に関東の山間部にも雪が降ったが週末には一転12℃を超える好天に恵まれた。みやま山荘に金曜に電話確認すると積雪10㎝ほど。冬山らしいお膳立てが整い、いざ出発。大倉から約1時間の林道を歩いて小丸尾根に取り付く。中腹ほどからは雪を踏みしめて登るが、特にアイゼンが必要となることはなかった。約2時間半で尾根筋の二俣分岐に到着。素晴らしい景観だ。西に富士山、南に秦野や小田原の街と相模湾が見える。約30分ほどの昼食時間のあと50分ほどで塔ノ岳。初めての5人全員集合の写真撮影。塔ノ岳から丹沢山に向かって北斜面をアップダウン。多少積雪が多いように感じるので念のためアイゼンを装着。15時少し前に丹沢山山頂に到着。雲1つない富士山の絶景をバックにまた全員集合写真。みやま山荘はこの時期にしては意外と混んでいる。布団2枚に3人が寝るくらいに詰めさせられた。夕食1時間ほど前からお疲れさん会の酒盛りが始まった。ギュウギュウ詰めのテーブル席もなんのその。呑み会は夕食を挟んで更に19時半まで続いた。夕食の後に夕日や夜景を楽しむ。茜色の西の空にクッキリと富士山がシルエットを映し刻々と深い色に変わっていく景色はそうそう見られるものではない。

翌朝は少し雲がかかっているがおおむね晴れ。ゆっくりとした足取りで10時半に鍋割山に到着。鍋焼うどんを早目の昼食として頂き、大倉バス停に14時半に到着。渋沢駅前の呑み屋さんで反省会を持ち、17時には家路につきました。お疲れさんでした。


【写真】 ギャラリ6枚をご覧ください。

◆2019/01/26 雲取山

【 山行タイトル】雲取山
【参加者】合計3名

【行程記録】
1日目:1月26日 ホリデー快速奥多摩駅08:21分着 〜🚌09:30丹波バス停〜12:00サオラ峠(昼食)〜15:00三条湯着 (宿泊)
2日目:1月27日 07:15 三条湯発〜10:20三条ダルミ〜11:00雲取山山頂昼食〜12:50小雲取小屋〜15:55鴨沢バス停着〜16:50🚌奥多摩駅ホリデー快速〜17:56立川着 解散
東京で 、一番高2017m雲取山で冬の雪山体験の山行計画でしたが雪が降って無くー9℃の寒さの体験だけでした。2日間晴天に恵まれ雲取山頂では富士山〜丹沢山塊〜南アルプスまで堪能できました。

【写真】 ギャラリ4枚をご覧ください。

◆2018/11/06~23(18日間)_ダウラギリBC_ネパール

【 山行タイトル】ダウラギリBC_ネパール(18日間)
【行程記録】
旅程の全行程:11/6(火)~23(金)の18日間
レッキングの全行程:11/8(木)~11/21(水)の14日間
フライト情報:成田空港~クアラルンプール(乗継)~カトマンズの往復(マレイシア航空)  
 往路:①NRT21:40(11/6)–KUL04:35(11/7) MH71/②KUL08:55(11/7)–KTM11:20(11/7) MH170  
 復路:③KTM23:30(11/22)–KUL06:30(11/23) MH115/④KUL09:40(11/23)–NRT17:30(11/23) MH70 
トレッキング行程の概要:ポーター8人、料理スタッフ4人、ガイド&サブガイド2人の総勢14人が我々4人のトレッキングをサポートしてくれた。トレッキングの全行程13泊14日間をテント生活しながら1日3食を料理長が作ってくれ、活動中だけでなく食事も楽しんだ。1日の行程はだいたい朝8時出発、午後15時前後に到着で昼食時間(1.5~1時間)を除き歩行時間7~5時間が標準的時間だ。

【写真】 ギャラリ12枚をご覧ください。

◆2018/06/01_尾瀬ヶ原

【山行タイトル】尾瀬ヶ原
【参加者】合計4名
【行程記録】
1日目:新宿 22:00 ―(夜行高速バス)―翌朝5:00大清水
2日目:5:00大清水6:00・・・6:50三平橋・・・7:45三平峠・・・9:00沼尻平9:10・・・10:50燧ヶ岳分岐・・・11:00見晴[休憩45分]11:45・・・12:15赤田代・・・13:15三条ノ滝展望台13:30・・・14:45赤田代・・・15:15見晴・・・15:45竜宮小屋
3日目:竜宮小屋8:30・・・9:00ヨッピ橋・・・9:30東電小屋10:00・・・10:10東電尾瀬橋・・・10:40ヨッピ橋・・・11:15牛首分岐・・・11:50山ノ鼻[休憩60分]・・・13:30鳩待峠14:50―(シャトルバス)―戸倉―(高速バス)―19:45新宿
【感想・自由投稿】
尾瀬ヶ原の水芭蕉と残雪を楽しむベストシーズンとして計画しましたが、残雪なく水芭蕉もピークを過ぎていました。そのかわり、2日目早朝にホワイトレインボーという想定外の魅力に遭遇し、みんなで感動を共有することができました。尾瀬ヶ原のど真ん中・竜宮小屋に宿を取ったことがよかった。ここからは居ながらにして西に至仏山、東に燧ケ岳を望むことができるだけでも幸せですが、朝霧のグラデーションが徐々に至仏山を浮かび上がらせるころに、ちょうど白い虹が至仏山にかかるように見えだした。燧ケ岳から太陽が顔を出し、徐々に尾瀬ヶ原の山ノ鼻辺りが温められてくるとホワイトレインボーも青空にクッキリと見えるようになってきた。(ギャラリーNo 12)
また、更に1日目に見晴から途中三条の滝へ寄り道して見学に行った。(オプション山行) 三条の滝は2つの見どころがあった。1つはなめ滝。もう1つはスケールの大きな豪瀑。(ギャラリーNo 4,5,6) なめ滝は日光龍頭の滝上流のなめ滝に匹敵するもの。断崖展望台から見ることができた。豪瀑は日光華厳の滝の規模と美しさをも上回るといっても過言でないもの。ただここは寄り道といっても往復3時間のアップダウンを覚悟する必要がある。
関東地方の梅雨直前という条件の中で奇跡的に土曜、日曜共に好天に恵まれました。最後に鳩待峠に予定通りに到着でき、缶ビールで乾杯出来た時のおいしさは無上の喜びでした。ご苦労様。
【写真】
ギャラリ12枚をご覧ください。