◆2018/11/06~23(18日間)_ダウラギリBC_ネパール

【 山行タイトル】ダウラギリBC_ネパール(18日間)
【行程記録】
旅程の全行程:11/6(火)~23(金)の18日間
レッキングの全行程:11/8(木)~11/21(水)の14日間
フライト情報:成田空港~クアラルンプール(乗継)~カトマンズの往復(マレイシア航空)  
 往路:①NRT21:40(11/6)–KUL04:35(11/7) MH71/②KUL08:55(11/7)–KTM11:20(11/7) MH170  
 復路:③KTM23:30(11/22)–KUL06:30(11/23) MH115/④KUL09:40(11/23)–NRT17:30(11/23) MH70 
トレッキング行程の概要:ポーター8人、料理スタッフ4人、ガイド&サブガイド2人の総勢14人が我々4人のトレッキングをサポートしてくれた。トレッキングの全行程13泊14日間をテント生活しながら1日3食を料理長が作ってくれ、活動中だけでなく食事も楽しんだ。1日の行程はだいたい朝8時出発、午後15時前後に到着で昼食時間(1.5~1時間)を除き歩行時間7~5時間が標準的時間だ。

【写真】 ギャラリ12枚をご覧ください。

◆2018/10/27-28 日光・小田代ヶ原~男体山ツアー

【日にち】2018 /10/27-28

【山行タイトル】 日光・小田代ヶ原~男体山ツアー

参加者人数】 13名

【行程記録】

10/27(土)   東武日光駅から周遊バスに乗り滝上で下車。pm12:45 竜頭の橋・・石楠花橋・・歩道分岐・・展望台・・小田代原・・小田代橋

降水確率80%の予報を覆す好天に恵まれ、秋の心地よい日差しを浴びながら森林の中をトレッキング。起伏もなく歩くには最高。展望台からは黄金色や朱色に染まった戦場ヶ原の奥にそびえる男体山が見れてここでランチタイム。更に奥に進むと小田代ヶ原。木道歩きが続く。湿原の中に大きな水溜まり、その奥には白樺の姿が実に美しい。小田代橋を渡った処で日帰り組と泊り組はお互いの無事故健闘を誓い分かれて解散。泊り組は更に湯滝から湯ノ湖を左回りして湯元温泉「湯守釜屋」に到着。白い湯に浸かり疲労を癒した。

10/28(日)  早朝、朝靄が立ち込める中禅寺湖を散策。今日は昨日以上に天気は良い。

am8:48三本松バス停・・9:11光徳三本松分岐・・9:47梵字飯場跡・・10:27太郎山・志津分岐・・11:08志津乗越・・11:28志津避難小屋・・13:55男体山・・14:02二荒山神社奥宮・・15:21七合目・・16:14四合目・・17:12二荒山神社中宮祠・・17:17二荒山神社バス停

三本松から人影のない静かな林道に入り歩く事、2時間半。次第に紅葉が見事な太郎山が真近に迫り来る。志津乗り越えからいよいよ男体山への登りのアプローチ。1合目、2合目、3合目・・・次第に高度を上げようやく8合目。汗が噴き出してくる。ここからが正念場、ようやく稜線に出ると日光白根山はじめ金精山まで良く見える。山頂(標高2484m)で鐘を鳴らしてランチ。眼前には中禅寺湖のさざ波が光っている。降りは実にキツイ急登の岩場の連続。足場が悪く瞬時の油断も出来ない。S字車路に一旦出て、再び山路にはいる頃、暗くなりだしヘッドライトを装着し足元を照らしながら下山。神社の門は閉まっていたが横をすり抜けようやくバス停に到着。ギリギリ、バス→特急列車に滑り込み車中でお疲れ様の乾杯!時間との闘いでした!

SONY DSC

SONY DSC

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

SONY DSC

SONY DSC

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

SONY DSC

SONY DSC

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

SONY DSC

SONY DSC

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

◆2018/8/18-21 世界自然遺産・白神山地と五能線の旅

【日にち】2018 8/18-21

【山行タイトル】 世界自然遺産・白神山地と五能線の旅

参加者人数】 4

【行程記録】

8/18(土)9:08 東京→(こまち9号)13:02 秋田 13:53→(リゾートしらかみ5号)16:00ウエスパ椿山→(送迎バス)不老不死温泉

台風19号20号は、はるか西方にあり天気は快晴。大陸からの高気圧が張り出し涼しくカラッとした空気で気持ち良い。

「リゾートしらかみ」はBOX席で足を延ばしてリラックス。左右の開放的な大きな車窓からの風景は素晴らしい!

不老不死温泉の露天風呂からは見事なダルマ夕陽が見れました!

8/19(日) 不老不死温泉8:45→(バス)9:30 奥十二湖

青池・・・沸壺の池・・・落ち口の池・・・中の池・・・十二湖ビジターセンター・・・越口の池・・・日暮の池・・・八光の池・・・十二湖ロリレッシュ村・・・子宝の池・・・長池・・・四五郎の池・・・金山の池・・・糸畑の池・・・埋釜の池・・・日暮の池・・・日本キャニオン・・・八景の池・・・日本キャニオン入口→(バス)17:10不老不死温泉

十二湖散策(実際には33湖あり)で池廻り。ブナの森の中の散策路を歩く。青池は、本当に水がブルー。水の中から樹々が出ている処もあり、木が最初か水が最初か悩ましい光景だ。白い巨大な岩肌の日本キャニオンを真近で展望。足慣らしのトレッキングには程よいコースでした。

不老不死温泉で汗を流し、2日続けて露天風呂からは、綺麗なダルマ夕陽が見れました!

8/20(月) 不老不死温泉7:40→(バス)ウエスパ椿山→(五能線)十二湖→(タクシー)登山口広場8:41・・・二股分岐9:12・・・最後の水場9:53・・・マテ山分岐10:41・・・大峰岳分岐12:15・・・白神岳避難小屋12:31・・・白神岳12:46   (ランチタイム)  ・・・白神岳避難小屋13:35・・・大峰分岐13:54・・・マテ山分岐15:11・・・最後の水場15:47・・・登山口広場16:55→(タクシー)十二湖→(五能線)ウエスパ椿山→(送迎バス)→不老不死温泉

山行タイム7時間7分 休憩1時間31分 合計8時間38分

今日も快晴!

白神岳は標高1235m

コースは最後の尾根を除いてほとんどブナ、ナラ、ミズナラの樹林帯。強い紫外線から免れがらもしっかりとした勾配のある山道。往復途中にある最後の水場での水の美味しいこと美味しいこと。

尾根からはいきなり視界が開けて、日本海や世界自然遺産核心エリア、青森県最高峰の岩木山までバッチリ見れる。

不老不死温泉でじっくりと疲労回復し、エビスビールにて最後の乾杯。

宿の食事は3日間共に内容素晴らしく新鮮な刺身、魚介類、牛肉、手製の豆腐、リンゴ酒 等々 大満足でした。

夜は展望テラスにマットを敷いて星観察。日本一の星空と言われるだけあって仰向けになって宇宙を眺めると確かに凄い。宇宙に吸い込まれそうになってしまう。

8/21(火) 不老不死温泉→(バス)ウエスパ椿山8:53→(五能線)川部11:39→(奥羽本線)新青森12:21  解散

帰りは五能線の各駅ワンマンカーに乗車。車内はガラガラ。深浦~千畳敷の間の海岸線は、五能線でも一番の絶景ポイント。

田舎の一駅一駅を乗り継ぎながら密度の濃い4日間は終了しました。

五能線

五能線

五能線風景

不老不死温泉

不老不死温泉からの夕陽

不老不死温泉

五能線沿線の風景

五能線沿線の風景

白神岳

十二湖廻り

十二湖廻り

日本キャニオン

十二湖廻り

青池

十二湖廻り

十二湖廻り

◆2018/06/01_尾瀬ヶ原

【山行タイトル】尾瀬ヶ原
【参加者】合計4名
【行程記録】
1日目:新宿 22:00 ―(夜行高速バス)―翌朝5:00大清水
2日目:5:00大清水6:00・・・6:50三平橋・・・7:45三平峠・・・9:00沼尻平9:10・・・10:50燧ヶ岳分岐・・・11:00見晴[休憩45分]11:45・・・12:15赤田代・・・13:15三条ノ滝展望台13:30・・・14:45赤田代・・・15:15見晴・・・15:45竜宮小屋
3日目:竜宮小屋8:30・・・9:00ヨッピ橋・・・9:30東電小屋10:00・・・10:10東電尾瀬橋・・・10:40ヨッピ橋・・・11:15牛首分岐・・・11:50山ノ鼻[休憩60分]・・・13:30鳩待峠14:50―(シャトルバス)―戸倉―(高速バス)―19:45新宿
【感想・自由投稿】
尾瀬ヶ原の水芭蕉と残雪を楽しむベストシーズンとして計画しましたが、残雪なく水芭蕉もピークを過ぎていました。そのかわり、2日目早朝にホワイトレインボーという想定外の魅力に遭遇し、みんなで感動を共有することができました。尾瀬ヶ原のど真ん中・竜宮小屋に宿を取ったことがよかった。ここからは居ながらにして西に至仏山、東に燧ケ岳を望むことができるだけでも幸せですが、朝霧のグラデーションが徐々に至仏山を浮かび上がらせるころに、ちょうど白い虹が至仏山にかかるように見えだした。燧ケ岳から太陽が顔を出し、徐々に尾瀬ヶ原の山ノ鼻辺りが温められてくるとホワイトレインボーも青空にクッキリと見えるようになってきた。(ギャラリーNo 12)
また、更に1日目に見晴から途中三条の滝へ寄り道して見学に行った。(オプション山行) 三条の滝は2つの見どころがあった。1つはなめ滝。もう1つはスケールの大きな豪瀑。(ギャラリーNo 4,5,6) なめ滝は日光龍頭の滝上流のなめ滝に匹敵するもの。断崖展望台から見ることができた。豪瀑は日光華厳の滝の規模と美しさをも上回るといっても過言でないもの。ただここは寄り道といっても往復3時間のアップダウンを覚悟する必要がある。
関東地方の梅雨直前という条件の中で奇跡的に土曜、日曜共に好天に恵まれました。最後に鳩待峠に予定通りに到着でき、缶ビールで乾杯出来た時のおいしさは無上の喜びでした。ご苦労様。
【写真】
ギャラリ12枚をご覧ください。

◆2018/05/26 八丁池~天城越え

【日にち】2018 5/26

【山行タイトル】 八丁池~天城越え

参加者人数】 5名

【行程記録】

早朝、小田急線・経堂始発の小田原行に乗り小田原→三島→修善寺と乗り継ぎ、am8:45発の八丁池口行のバスに乗車。
am10:00 八丁池口からコルリ道、オオルリ道の急傾斜を上がり青スズ台で一休憩。途中、バンビちゃんが倒木の間に身を潜めていた。親からはぐれたのか、怪我をしたのか?
ここから八丁池に下り静かな湖畔で枯木を集めてオブジェ作り。
八丁池~白田峠~戸塚峠までは高低差があまりなく快適な天城縦走路。ブナ、サルスベリの大木が見事。
小鳥のさえずりに癒される。
小岳(標高1360m)のキツイ登りに入る前にランチタイム。
小岳~万三郎岳(標高1406m)~万次郎岳(標高1299m)とメインの縦走はさすがにきつかった。
残念ながらアマギシャクナゲは終わってしまっていた。しかしヤマツツジのオレンジの花がとても綺麗。
足場の悪い下りを終えて天城高原ゴルフ場に到着。
約7時間の山行でした。
pm17:40最終バスに乗車して伊東駅へ。
その後、はるひら丸で日帰り温泉に浸かりサッパリした後は、海の幸で乾杯。
伊東→熱海→藤沢→小田急線と乗り継ぎ長い長い1日に夜も更けていきました。

八丁池

ブナの大木

八丁池標識

ブナ

サルスベリ

サルスベリ

山ツツジ

バンビ

枯木のオブジェ

◆2018/04/21_滝子山南陵

full lace wigs   ,
human hair wigs   ,
human hair extensions   ,
best seamless clip in hair extensions   ,
Lace Front Wigs   ,
Lace Front Wigs   ,
clip in hair extensions   ,
human hair wigs   ,
human hair wigs   ,
human hair wigs   ,
full lace wigs   ,
human hair wigs   ,
full lace wigs   ,
human hair wigs   ,
Lace Front Wigs   ,
full lace wigs   ,
celebrity lace wigs   ,
full lace wigs   ,
human hair extensions   ,
full lace wigs   ,
full lace wigs   ,
lace front wigs   ,
clip in hair extensions   ,
african american wigs   ,
Lace Front Wigs   ,
full lace wigs   ,
lace front wigs   ,
human hair wigs   ,
human hair extensions   ,
human hair extensions   ,
lace front wigs   ,
full lace wigs   ,
african american wigs   ,
full lace wigs   ,
clip in hair extensions   ,
clip in hair extensions   ,
Lace Front Wigs   ,
full lace wigs   ,
human hair wigs   ,
african american wigs   ,
clip in hair extensions   ,
human hair wigs for black women   ,
human hair extensions   ,
full lace wigs   ,
lace front wigs   ,
Lace Front Wigs   ,
full lace wigs   ,
human hair extensions   ,
Lace Front Wigs   ,
lace front wigs   ,
lace front wigs   ,
clip in hair extensions   ,
bundle deals   ,
human hair weave   ,
human hair extensions   ,
human hair wigs for black women   ,
best seamless clip in hair extensions   ,
human hair wigs for black women   ,
full lace wigs   ,
Lace Front Wigs   ,
cheap clip in hair extensions   ,
full lace wigs   ,
virgin hair bundle deals   ,
wigs for african american women   ,
clip in human hair extensions   ,
human hair extensions   ,
human hair wigs   ,
human hair clip in extensions   ,
remy hair extensions   ,
human hair wigs for black women   ,
best hair extensions   ,
clip in human hair extensions   ,
human hair weave   ,
virgin human hair wigs   ,
celebrity lace wigs   ,
Lace Front Wigs   ,
full lace wigs   ,
human hair wigs   ,
best seamless clip in hair extensions   ,
wigs for african american women   ,
clip in human hair extensions   ,
best hair extensions   ,
human hair wigs for black women   ,
clip in hair extensions   ,
full lace wigs   ,
Lace Front Wigs   ,
human hair extensions   ,
human hair wigs for black women   ,
best hair extensions   ,
full lace wigs   ,
human hair wigs   ,
human hair extensions   ,
clip in hair extensions   ,
human hair wigs for black women   ,
full lace wigs   ,
Lace Front Wigs   ,
cheap clip in hair extensions   ,
virgin hair bundle deals   ,

【日にち】2018/04/21(土)

【山行タイトル】2018/04/21_滝子山南陵

【参加者】合計9名

【行程記録】

JR高尾7:26==8:28笹子駅8:50・・・桜公園・・・南稜入口・・・曲沢峠分岐・・・大谷ヶ丸分岐・・・
13:30滝子山山頂・・・女坂・・・林道終点・・・16:25初狩駅

【感想・自由投稿】

当日はお天気にも恵まれ、みな元気に滝子山目指し出発。8:50分笹子駅出発~桜公園~滝子山南稜取り付き点、途中 新緑の雑木林中にミツバツツジの花が所々に咲いていて、また、標高が高くなるにつれ富士山の姿が少しずつ見えてきて元気をもらえる登山ルートでした。
滝子山南稜は、滝子山頂上に突き上げる直登ルートで、標高1.300m付近からごつごつした岩場の急登が始まり、リーダーの指導を受けながら、岩登りの鉄則三点支持の連続でした。 頂上の手前で昼食。元気を取り戻し、13:30分 滝子山の頂上着。みな頑張りました。
滝子山の頂上は、雄大な富士山が三つ峠の先に、また、南アルプス、八ヶ岳、瑞牆、金峰山、雲取山と視界360°で素晴らしい展望でした。全員で記念撮影後下山。途中、桧平で小休止したところでは山桜が満開で、富士山と桜のコラボがとても綺麗でした。下山時に足の重そうな方もいましたが、16:25無事に下山。初狩駅近くのコンビニでそれぞれ飲み物を購入し一息。ビールがとっても美味しかったです。
JR高尾駅で参加者全員で反省会。みな次はどこの山に登りたい、といった話で盛り上がっていました。
大変お疲れ様でした。

【写真】   

 

◆2018/3/24-25 西伊豆歩道ツアー(堂ヶ島・燈明ケ崎・今山コース)

【日にち】 2018  3/24-25

【山行タイトル】 西伊豆歩道(堂ヶ島・燈明ケ崎・今山コース)

【参加人数】14名

黄金崎 馬ロック

西伊豆歩道 堂ヶ島コース

 

西伊豆歩道 トンボロ

天窓洞

天窓洞

今山コース

今山コース

メガネ岩=ゴジラ岩に納まる夕陽

メガネ岩=ゴジラ岩に納まる夕陽

メガネ岩 夕陽

メガネ岩 夕陽

【行程記録】

3/24(土)  am10:30 修善寺駅集合。松崎行きバスに乗車し約90分、堂ヶ島到着。

洞窟巡りの遊覧船に乗り天窓洞に入るとそこは青の洞窟。光のシャワーが洞窟に降り注ぐ光景。ランチ後に堂ヶ島・燈明ケ崎コースをトレッキング。

晴天、ぽかぽか陽気の中、絶景が拡がる燈明ケ崎コース、、、干潮で、海岸から三四郎岩まで歩いて渡れるトンボロも姿を現す。途中、幾つか東屋があり休憩タイム。東屋からの展望はこのコースのお宝。

約2時間、田子の漁村に到着。海岸には沢山の高級一眼を装備した三脚が林立している。今日は1年を通じて西伊豆の夕陽が最も綺麗な瞬間を迎える特別な日である。

田子の湾の中程にゴジラの形をした奇岩がそびえているがそのゴジラの口の中に、沈む間際の真っ赤な夕陽がスッポリと納まるのだ。

この荘厳な儀式は大成功に終わりました!

夕飯は海の幸満開、地酒も美味しく皆さん大満足。

3/25(日)  贅沢な朝食後、今山コースをトレッキング。西伊豆歩道全10コース中、一番の絶景コース。

途中、きつい登りもあり汗だくになりつつも海風を受けて何とも気持ちがいい。

田子から安良里の山路約7.1km。安良里に近づく程に雲一つ掛かってない富士山に遭遇。

安良里からバスに乗りクリスタルパーク下車。そこからは黄金崎自然公園。

桜八分咲き、黄金色の馬ロックと真っ青な海、遠くは富士山、、、自然のお宝が全て揃ったポイントです。

ランチは小鯵鮨の名店「八起」で乾杯解散。

男性陣は近くのクリスタルヴューホテルで温泉に浸かり汗を流し疲労回復しました。

 

 

◆2018/04/08 杓子山ツアー

【日にち】2018 4/8

【山行タイトル】 杓子山ツアー

【参加人数】 4名

【行程記録】 朝から快晴!

JR富士急行線で大月から富士山(旧富士吉田)へと向かう車窓からは白雪に覆われた見事な富士山が真正面に迫る。
早くも気分は高揚。
タウンスニーカー(市内循環バス)に乗り、不動湯入口で下車。

そこから山行スタート、桜が満開。不動湯から山道に入り大権首峠へ、そこから杓子山山頂へアタック。きつい登りも終わり山頂に到達。

標高1597m      360°の大パノラマ眺望。 山頂には杓子山の鐘がある。

真正面には雄大な富士山。こんなに近くに観る富士山は初めて。山頂から延びるアイスバーンがキラキラ光っている。

ここでランチ。

下山は高座山から忍野村に降りるルート。これがまた視界を遮るものが何一つ無い為、200%富士山を堪能。

急斜面に樹木はなく乾いた土の上を、ロープを伝い転げ落ちないように慎重に下る。

鳥居地峠から車道に入り忍野役場前でバスに間に合い富士山駅へ。

JR富士山駅でお疲れさん会をして、また長い電車の帰路につきました。

杓子山山頂

杓子山山頂からみる富士山

杓子山から大権首座

高座山

高座山

杓子山山頂

桜と富士山

桜満開

 

◆2018/04/07_檜洞丸・犬越路

【日にち】2017/04/07
【山行タイトル】檜洞丸・犬越路
【参加者】合計4名
【行程記録】

新松田駅7:20――8:31西丹沢ビジターセンター8:40・・・9:15ゴーラ沢出合・・・10:10展望園地・・・11:30檜洞丸12:10・・・14:00犬越路・・・15:10用木沢出合・・・15:45西丹沢ビジターセンター16:25――17:30新松田駅
【感想】

天気予報ではずっと傘マークだったが、前日より好転。おかげで晴・曇りの山行となった。山桜と若葉の山々をバスに揺られながら楽しむ。西丹沢ビジターセンタ(今年3月まで旧名・西丹沢自然教室)を8時40分出発し、ツツジ新道の1000mの標高差を4人とも快調に登りきり、コース時間を1時間短縮。ゴーラ沢出合前には斜面一面のミツマタ群生が見事な花を咲かせていた。檜洞丸山頂でゆっくりと昼食をとることができた。下山は犬越路を経由してビジターセンターまでのコース。犬越路まではヤセ尾根ということもあり登山者が非常に少ない。そして何よりもずっと富士山を左手に見ながら歩く事ができる。正にスリルと眺望を楽しめる丹沢ベストコースだ。ただこの日は風が時々強く吹く中、バランスを崩さないよう慎重に行くことで予定通りコースを進んだ。ビジターセンターからのバスは予定の17時台の1本前の16時台で帰路についた。ただ登戸で反省会が盛り上がり結局帰宅したのは遅くなってしまいました。

【写真】

★2017/12/3-4 西伊豆歩道ツアー

【日にち】 2017  12/3-4

【山行タイトル】 西伊豆歩道(大瀬崎・井田コース)

海岸の夕陽

【参加者】 合計10名

【行程記録】西伊豆歩道全10コースの内、最後の2コースのツアーとなりました。

am10:00 JR沼津駅集合 のんびりとローカルバスと貸切タクシーで約1時間20分、海岸線を走り大瀬崎に到着。

半島の先端、大瀬崎神社をくぐり神池、天然記念物に指定されているビャクシン樹林の中を散策し休憩ランチ。

ここはダイビングの聖地。湾内は、台風でも潜れるポイント。海は透き通りキラキラと小さなブルーの小魚の群れ、、、これは「ソラスズメダイ」です。

西伊豆の浅場の海に生息する可愛いオサカナさん。

ゴロタの海岸沿いから山道に入りしばらく進むと17号線に出ました。トンネルをいくつも通り過ぎて長い坂を下り「井田村」に到着。

山並みは漆の真っ赤な紅葉。井田の入り口にある神社の大きな銀杏の木も真っ黄色。静かな時間が止まってしまったような昭和の邑。

海岸まで散策し見事なダルマ夕陽を堪能出来ました。

民宿「平田荘」の温泉に浸かり、夕食は海の幸満載、お酒も進み楽しい一時でした。

翌日も大晴天。井田を出発し煌きの丘から真正面にそびえる富士山は素晴らしい。

戸田まで歩くこと約2時間半。

旅館「ときわや」の温泉で汗を流し近くの食堂で乾杯。

戸田~修善寺~三島~小田原とバスと電車を乗り継いで解散